国立大学協会

トップ >国際交流・大学の国際化 >官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~

官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~

「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム~」は、2020 年までに我が国の学生の海外留学を倍増するという政府目標(「日本再興戦略」-2013年(平成25 年)6 月14 日閣議決定)の下、官民が協力して海外留学を支援するために創設された「グローバル人材育成コミュニティ」に参画する民間企業からの支援により、文部科学省及び独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)が実施するプログラムです。

 

本プログラムは、海外での「異文化体験」や「実践活動」を焦点にした留学を推奨することにより、学生時代により多様な経験と、自ら考え行動できるような体験の機会を提供します。そのため、諸外国の大学等といった教育機関での留学だけでなく、学生が自ら定めた明確な目的と意欲的な目標に基づき立案した実践活動の含まれる留学計画を支援することで、個性あふれる多様な派遣留学生のネットワークを形成し、グローバルに活躍できる力の育成と自らの経験を新しい留学文化の醸成に還元してもらうことを目的としています。

 

国立大学協会では、「グローバル人材育成コミュニティ協議会」の構成員として、また、本プログラムの専門委員会への委員参加等により、本プログラムの実施に参画しています。

 

【リンク先】

官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム~(文部科学省ウェブサイト)

 

【過去の主な関連掲載記事】

・13年11日19日 日本の若者の海外留学の促進に向けて ~グローバル人材育成コミュニティへの参加について~