国立大学協会

トップ >国際交流・大学の国際化 >(6) 日本のUMAP参加大学

(6) 日本のUMAP参加大学

2004年(平成16年)3月に開催されたUMAP国際理事会において、UCTSを活用した学生交流を積極的に行うことを希望する大学情報を会員国で交換することが決定されました。

日本においては、UMAP日本国内委員会から、構成団体(一般社団法人国立大学協会、一般社団法人公立大学協会、日本私立大学団体連合会)を通じて募ったところ、85大学がリストへの掲載を希望し、10月に開催された国際理事会において、各国関係者にリストが配付されました。なお、その後、UMAP参加大学は順次追加され、2017年(平成29年)2月現在、日本からは103大学がリストに掲載されています。

 

【UMAP参加大学の定義】

1.学生の交流に先立ち、派遣先大学と在籍大学が単位認定を保証すること。授業開始後の若干の変更は認められる。
2.原則として単位互換のためにUCTS(UMAP単位互換方式)を利用する。
3.交流相手大学及び履修コースの選択は、各大学が決定する。
4.リストには、UCTSの試行的利用を計画する大学が含まれる。

 

【UMAP参加大学一覧(国立大学のみ抜粋)】

国大協支部名

機関名

国大協支部名

機関名

北海道

北海道大学

東海・北陸

金沢大学

室蘭工業大学

北陸先端科学技術大学院大学

小樽商科大学

福井大学

北見工業大学

岐阜大学

東北

岩手大学

名古屋大学

東北大学

名古屋工業大学

秋田大学

豊橋技術科学大学

福島大学

近畿

京都教育大学

東京

東京外国語大学

京都工芸繊維大学

東京農工大学

大阪大学

東京工業大学

神戸大学

電気通信大学

中国・四国

岡山大学

関東・甲信越

筑波大学

広島大学

宇都宮大学

九州

九州大学

埼玉大学

九州工業大学

千葉大学

熊本大学

横浜国立大学

宮崎大学

総合研究大学院大学

鹿児島大学

新潟大学

琉球大学

長岡技術科学大学

計 39大学