国立大学協会

トップ >国際交流・大学の国際化 >(7) UMAPプログラムへの参加を希望する国立大学関係者の方へ

(7) UMAPプログラムへの参加を希望する国立大学関係者の方へ

UMAPプログラムに、大学としての参加を希望される場合は、次のQ and Aを参照ください。(以下は、UMAPウェブサイトFAQ及びリンク先の掲載内容を国立大学協会事務局にて仮訳の上、一部日本国内向けに変更を加えたものです。プログラムの内容や具体の手続き等について不明な点があれば、直接、UMAP国際事務局又はUMAP日本国内委員会事務局にお問い合わせください。)

 

Q1. UMAPにはどのようにすれば参加することができますか?
A1. 次のリンク先”Join UMAP”から、UMAP参加大学になるための手順に従ってください。UMAP参加大学になると、会員専用ページから、大学としてのプログラムA、B、Cを提供することができます。(同会員ページは、UMAP会員のみがサインインすることができます。)また、貴学の学生がUMAPの交換留学プログラムに申請する資格を有します。
UMAPに参加しましょう(Join UMAP
次の手順を踏むことにより、容易にUMAPに参加いただくことができます。
1. 参加希望大学の所在国・地域がUMAP会員として参加資格があるか、また、その大学がUMAP参加大学としてすでに登録されているかどうかをまず確認いただく必要があります。日本はUMAP加盟国のため、続いて、貴学が参加大学としてすでに登録されているかどうかをUMAPウェブサイトの”UMAP Membership ”から”Japan ”の参加大学リストで確認ください。貴学名が日本の参加大学リストにない場合は、UMAP参加大学としてリストに追加掲載いただく必要があります。その手続き方法については、日本のUMAP国内事務局を務める「UMAP日本国内委員会事務局」までお問い合わせください。

2. UMAP交換留学プログラムの参加に当たっては、事前に貴学とUMAP国際事務局との間で“The Pledge of Agreement”(参加公約書)を締結する必要があります。所定様式をUMAPウェブサイトからダウンロードし、記入・署名の上、UMAP国際事務局に送付してください。

3. その後、UMAP国際事務局の署名により“The Pledge of Agreement”が確定されれば、貴学はUMAP交換留学プログラムの参加が可能な大学となります。

【リンク先】

UMAP加盟対象国・地域、参加大学一覧(UMAP Membership)
UMAP Constitution(UMAP憲章)のダウンロード (PDF:416 KB)
UMAPについての詳細情報(Read more about UMAP)
UCTS User’s Guideのダウンロード
UMAP参加大学の責務(Responsibilities of UMAP members
次の事項がUMAP参加大学の責務となります。
各UMAP参加大学は派遣元大学(Home University)及び受入大学(Host University)として活動することが求められます。派遣元大学、受入大学の役割は次のとおりです。
派遣元大学(Home universities)
  1. 参加学生と教職員を選ぶこと。
  2. 必要な語学研修を含み、参加学生と教職員が行う学修プログラムを承認すること。
  3. 参加学生と教職員に支給される財政支援の基準を決定すること。
  4. 出発前に学生と教職員に対し、適切な準備課程を提供すること。
  5. UCTSを用いた単位を受け入れることで、海外で修了した学修内容を承認すること。
受入大学(Host universities)
  1. 参加学生と教職員に対し、合意された学修プログラムを提供すること。
  2. 参加者の業績を評価し、派遣元大学に対し成績証明書を提供すること。
  3. 参加者に対し、適切なオリエンテーションと他の支援サービスを提供すること。
  4. 学生と教職員に対し、合理的な費用による適当な宿舎確保を支援すること。
  5. 参加学生と教職員のために、適切な健康管理体制を確保すること。

Q2. どのようにして学生は交換留学プログラムに応募するのですか?
A2. 交換留学プログラムに応募するには次の2段階の手続きが必要となります。
1. 学生が参加を希望するプログラムの所定申請書様式に記入の上、所属大学のUMAPコーディネーターに提出します。申請書様式は次のリンク先"Procedure of Application "からダウンロードすることができます。

2. UMAPコーディネーターは提出された申請書をとりまとめ、電子メールによりUMAP国際事務局(umap-is@umap.org)⇒ ( @を小文字に変えて下さい)にまとめて提出します。コーディネーターは、その後国際事務局から知らされるGoogleフォームにおいて、個々の申請書に係る情報を登録します。

Q3. UMAP参加大学はどのようにして交換留学プログラムの提供を申請するのですか?
A3. UMAP参加大学は次のリンク先"Offer Program "から所定の申請書様式をダウンロードし、申請書を作成することができます。(UMAP参加大学のみが当該ページにサインインすることができます。)申請書を作成した後、それをUMAP国際事務局(umap-is@umap.org)⇒ ( @を小文字に変えて下さい)まで送付ください。

Q4. 研究ネット(Research Net)にはどのようにして申請するのですか?
A4. UMAP国際事務局にて公募を行います。提案書(プロポーザル)を提出の上申請してください。共通の研究テーマを共有する、UMAP参加大学の2人以上の研究者グループのみが申請資格を有します。年間最大4プロジェクトが選定され、UMAPから研究助成が行われます。次のリンク先"Research net "から公募スケジュールの確認と申請書のダウンロードを行うことが可能です。

Q5. UMAPは学生交流又は教職員交流に資金助成を行いますか?
A5. UMAPは、2016年の"Super Short-Term Programs(SSTP)"(1週間~8週間の留学プログラム)に参加した学生に奨学金を支給しました。2017年の奨学金に関する情報は、UMAPウェブサイトの"News "セクションにおいて掲載する予定です。UMAPはまた、"UMAP Research Net (URN)"により、UMAP参加大学の研究者が行う共同研究に対し助成を行っています。(Q4.参照)
さらに、複数のUMAP参加国・地域において、当該政府がUMAPプログラムに対して資金助成を行っています。その他、参加大学が自ら、奨学金の利点維持、政府助成支援の資格、医療費などの問題を考慮して二国間交流に助成する場合があります。