国立大学協会

トップ >新着情報 >提言等 >地域と国の発展を支え、世界をリードする国立大学!!

地域と国の発展を支え、世界をリードする国立大学!!

20141216-topics-seimei.png

 国立大学は、平成16年度の法人化以来10年を経過し、6年ごとに設定される中期目標期間も平成28年度には第3期を迎えようとしています。

 この時に当たり、政府においては、「日本再興戦略」や「国立大学改革プラン」に基づき、国立大学のさらなる改革を促進すべく、第3期における国立大学運営費交付金等の在り方の検討が進められています。

 国立大学協会においても、これからの我が国の社会・経済の長期的な動向を見据え、国立大学の将来ビジョンと主体的な改革の方向性を自ら明らかにするため、本年11月以来、ワーキング・グループを設置して検討しております。

 このたび、その基本的な考え方を会長声明としてとりまとめましたので、ここに公表するものです。

 今後、国立大学協会としては、さらに検討を進め、来年の早い時期に具体的なアクション・プランを策定することとしております。

 

(声明)