国立大学協会

トップ >新着情報 >提言等 >林芳正文部科学大臣に対して「国立大学の教育研究活性化を促進する人事給与マネジメント改革の基本的な方向性について」を手交(6/28)

林芳正文部科学大臣に対して「国立大学の教育研究活性化を促進する人事給与マネジメント改革の基本的な方向性について」を手交(6/28)

 6月28日(木)に、山極壽一国立大学協会会長(京都大学長)、松尾清一同副会長(名古屋大学長)から、林芳正文部科学大臣に対して、「国立大学の教育研究活性化を促進する人事給与マネジメント改革の基本的な方向性について」を手交しました。この内容について、林大臣も理解を示し、文部科学省としても国立大学と一体となって改革を進めていきたいと述べました。



手交する林文部科学大臣と山極国立大学協会会長

 

手交する林文部科学大臣と山極国立大学協会会長ら

 

意見交換する林文部科学大臣と山極国立大学協会会長ら

 

意見交換する林文部科学大臣

 

意見交換する山極国立大学協会会長ら

 

 

関連ファイル