国立大学協会

トップ >新着情報 >他機関 >ジャパン・ダイバーシティ・ネットワーク キックオフ シンポジウム(9/19)

ジャパン・ダイバーシティ・ネットワーク キックオフ シンポジウム(9/19)

 国内でダイバーシティに積極的に取り組んでいる諸団体が「Diversity is the Game Changer」の理念の下に集結し、行動するための日本初のプラットフォームを提供する「一般社団法人 ジャパン・ダイバーシティ・ネットワーク(以下、「JDN」)」が設立され、当協会は団体会員として加入するとともに、会員勧誘の活動を行う「呼びかけ人」として松本会長(京都大学総長)が就任しました。

 9月19日(金)には、JDN主催で「Diversity is the Game Changer ~ダイバーシティが社会を変える~」と題し、日本のダイバーシティ実現のためのキーとなるアジェンダについてともに考える、キックオフ シンポジウムがホテル椿山荘で開催され、約900名の方が参加しました。

 当日は、各界のトップキーパーソンがパネリストとして登壇し、ダイバーシティ促進の重要性と課題について講演され、当協会からは羽入副会長(お茶の水女子大学長)が女性研究者の活躍促進等について講演しました。

 また、最後には、女性活躍推進を重要政策として掲げられている安倍総理からのビデオメッセージが紹介されるなど、盛況裏に終了しました。


20140919-wnew-jdnsympo1.jpg

開会挨拶をする、内永ゆか子 ジャパン・ダイバーシティ・ネットワーク代表理事

 

20140919-wnew-jdnsympo2.jpgパネリストとして講演する羽入佐和子副会長(お茶の水女子大学長)

 

20140919-wnew-jdnsympo3.jpg

パネルディスカッションの様子

(左から)
・長谷川 閑史 公益社団法人経済同友会代表幹事、武田薬品工業(株)代表取締役取締役会長
・古賀  伸明 日本労働組合連合会長
・横倉  義武 公益社団法人日本医師会会長
・定塚 由美子 内閣官房内閣審議官
・羽入 佐和子 一般社団法人国立大学協会副会長、国立大学法人お茶の水女子大学長