国立大学協会

トップ >新着情報 > TOPICS > APITT 先進実践結合型IT産業人材養成事業シンポジウムを開催 -琉球大学-

APITT 先進実践結合型IT産業人材養成事業シンポジウムを開催 -琉球大学-【九州支部】

 琉球大学が那覇市と共同で取り組む、科学技術振興調整費による先進実践結合型IT産業人材養成事業(APITT)のシンポジウムが10月5日(木)に那覇市の沖縄産業支援センターにて開催されました。
 シンポジウムではAPITTの説明が行われ、またITコーディネータ協会会長の関隆明氏による「日本の情報サービス産業の課題~沖縄の情報産業の活性化への提言~」と題した基調講演がありました。
 講演では、社内、企業間のIT活用に対する阻害要因の説明、IT産業の国際競争力の比較、また「デジタル人材育成アイランドとして沖縄型産官学一体の連係プレーが重要である」等の提言がなされ、参加者80名ほどが傾聴しました。
 APITT研修員公募には、シンポジウムによる広報の成果もあって多数の応募者があり、10月下旬に12名の研修員と数名の聴講生が選考されました。研修員は11月1日から2月末日までの期間、琉球大学地域共同研究センターにて講義を受けます。初年度となる今回の講義も現在のところ順調に行われ、研修員はとても熱心に毎日学んでいます。

写真:シンポジウムの様子:講演を行う関ITコーディネータ協会会長