国立大学協会

トップ >新着情報 > TOPICS > 東大サステイナブルキャンパスプロジェクト:TSCP -東京大学-

東大サステイナブルキャンパスプロジェクト:TSCP -東京大学-【東京支部】

 東京大学では、従来から有している知的資源を活かし、研究と教育の活性化を図りつつサステイナブルなキャンパスの実現に向けて、東大サステイナブルキャンパスプロジェクト(Todai Sustainable Campus Project, TSCP)を立ち上げました。
 同大学小宮山総長が、平成20年度入学式式辞において、「2012年度までにCO2排出量15%(2006年比)削減」「2030年までに50%削減」を宣言しました。この宣言を契機に、6月には、TSCPの第一弾として、学内の照明器具約36,000台を省エネタイプに更新することとし、また、7月には、東大サステイナブルキャンパスプロジェクト室(TSCP室)が本部に設置され、TSCP室を中心に全学的な活動が本格化しています。
 TSCPが対象とすべき環境負荷は多岐にわたりますが、今日の問題の緊急性、困難性と大学が先導的役割を果たす必要性の高さから、温室効果ガス排出削減による低炭素キャンパスづくりを当面の最優先課題として取り組んでいます。

(写真:左から、迫田TSCP室長補佐、小宮山総長、磯部TSCP室長、河野TSCP室員)