国立大学協会

トップ >新着情報 > TOPICS > 神戸大学ブリュッセルオフィスを開所しました―神戸大学―

神戸大学ブリュッセルオフィスを開所しました―神戸大学―【近畿支部】

 神戸大学は、9月3日に福田学長、 中村国際交流担当理事らが出席して神戸大学ブリュッセルオフィスのオープニングセレモニーを開催しました。セレモニーには、ベルギー主要大学(ヘント大学、ブリュッセル自由大学(蘭語系)、ルーヴァン・カトリック大学(蘭語系)、ルーヴァン・カトリック大学(仏語系)、アントワープ大学)の学長、副学長、在ベルギー日本国特命全権大使、在ベルギー日本企業関係者等の多くの方々が参加しました。
 セレモニーの冒頭において、福田学長は、「ヘルマン・ヴァン・ロンプイ欧州理事会議長から、今後、もっと多くの同大学、日本の学生諸君が、ヨーロッパに来て学んでほしいという期待を込めて強いエールを送っていただき、またブリュッセルオフィスは、同大学の教育研究の理念に基づき、ヨーロッパの諸大学・研究機関との国際連携による教育研究の推進に寄与することを設置目的としている」と述べました。続いて、横田淳在ベルギー日本国特命全権大使から祝辞をいただき、また、協定校であるヘント大学のポール・ヴァン・カウウェンベルグ学長から「EUの高等教育は広く開放されており、多様性がある。神戸大学ブリュッセルオフィスが設置されるに伴い、同大学における教育研究もさらに大きな展望を持つことになるであろう」との祝辞をいただきました。
 セレモニーにおいては、ブリュッセル自由大学と学術交流協定を調印し、ポール・ドゥ・ノップ同大学学長から、「世界はグローバル化しており、我々もグローバルな市民である。今後、神戸大学ブリュッセルオフィスとブリュッセル自由大学は隣人という枠を超え、共に協力する仲間となることを期待する」との祝辞をいただきました。
 福田学長と中村国際交流担当理事らは、オープニングセレモニーに先立ち、4月に来学講演されたヘルマン・ヴァン・ロンプイ欧州理事会議長(EU大統領)をはじめ、関係者を表敬訪問しました。
 今後、 2011年3月4日にブリュッセルにおいて神戸大学ブリュッセルオフィスオープニング記念国際シンポジウム(仮称)を開催するなど、欧州との教育研究におけるより一層の連携を推進していきます。