国立大学協会

トップ >新着情報 > TOPICS > シニアアカデミー2010を開催―小樽商科大学―

シニアアカデミー2010を開催―小樽商科大学―【北海道支部】

 小樽商科大学では、学習意欲の旺盛な団塊・シニア世代を対象とした体験型生涯学習プログラム「シニアアカデミー2010『小樽商大で学ぶ-小樽の歴史・文化・観光-』」を8月31日から4日間の日程で開催しました。
 このプログラムは、平成20年3月に締結した小樽市との包括連携協定に基づく連携事業として、市の全面的な協力により開催したもので、今回で2回目の開催となります。講義には、小樽の歴史、文化、観光に関するものに加えて、本学出身の作家である小林多喜二と伊藤整を取り上げるとともに、講義に連動する内容のフィールドワークを行いました。
 また、同大学は、来年の平成23年に創立百周年を迎えるため、同プログラムをプレ創立百周年事業としても位置づけ、百周年記念事業の一環として設置された「史料展示室」に展示されている貴重図書・史料等の閲覧をとおして小樽の歴史と、小樽と大学の社会的繋がりなどを紹介しました。
 プログラム期間中は天候にも恵まれ、小樽市内の穴場的な観光スポットや小林多喜二や伊藤整の文学碑などを訪れ、受講生は通過型の観光では得られない小樽の魅力に触れることができました。
 今後も小樽市と協議を重ね、次回以降の企画を検討することとしています。

(写真:講義を受ける受講生 左上:フィールドワーク)