国立大学協会

トップ >新着情報 > TOPICS > 日本学術会議中国・四国地区会議 「未来を拓く医・工連携」を開催―山口大学

日本学術会議中国・四国地区会議 「未来を拓く医・工連携」を開催―山口大学【中国・四国支部】

 11月27日(土)、山口大学医学部において、日本学術会議と同大学主催による公開学術講演会「未来を拓く医・工連携」を開催し、医療関係者ら約100人が参加しました。この講演会は、内閣総理大臣設置機関である日本学術会議が、科学・学術の研究成果を国民に還元する活動の一環として各地域で実施しているもので、今回は、同大学が取り組んでいる医学と工学領域の連携研究をテーマに、講演およびパネルディスカッションを行いました。
 講演に先立ち同大学の丸本学長が挨拶し、続いて日本学術会議会長の金澤一郎氏が「医・工連携の来し方行く末」と題して記念講演を行いました。また、医学の立場から医学部附属病院長の岡正朗教授、工学の立場から医学系研究科生命分子工学分野の浜本義彦教授が「がん個別化医療に貢献する医・工連携」と題し、それぞれの研究領域とその融合について基調講演を行いました。
 引き続き行われたパネルディスカッションでは、中国経済産業局長の井辺國夫氏、(株)トクヤマ相談役の三浦勇一氏がパネリストとして参加し、堀工学部長、佐々木医学部長が、それぞれ司会とまとめ役となり、医学の進歩、ニーズに応える医・工連携とその役割について、各方面の参加者と活発な意見交換を行いました。
 第一線の研究者による医療現場で求められる医・工連携に関する議論に、参加者は熱心に聞き入っていました。