国立大学協会

トップ >新着情報 > TOPICS > 指導教員と保護者との個別面談を実施 -島根大学-

指導教員と保護者との個別面談を実施 -島根大学-【中国・四国支部】

島根大学の法文学部と総合理工学部は,7月23日(土)に松江市内の「くにびきメッセ」において,「指導教員と保護者との個別面談」を実施しました。
個別面談には,全国から両学部合わせて642家族,約1000名の参加者があり,学業成績,学生生活,就職,進学などについて,145名の教員との間で情報交換が行われました。
この個別面談は,両学部の前身である文理学部の時代から36年に亘り両学部の後援会に協力して実施しているものです。希望により学生を含めた3者面談も実施されるなど,国立大学では非常に珍しい企画であり,参加した保護者からは「学生生活や学業の様子が分かって良かった。」という感想が多く寄せられるなど,大変好評を得ているものです。
島根大学では,指導教員制度を設け,入学時から修学関係,学生生活の悩み事などに対する指導・助言体制を整え,学生一人一人に応じたきめ細やかな指導を実施していますが,この面談による保護者との情報交換は,指導内容の充実を図る一助となることから,今後も継続して実施することとしています。