国立大学協会

トップ >新着情報 > TOPICS > 三重大学教育GP「学生主体の『オープンラボ』開催-地域社会との相互理解・交流-」

三重大学教育GP「学生主体の『オープンラボ』開催-地域社会との相互理解・交流-」【三重大学】

20121213-topics-mie.JPG

 

 

 三重大学大学院生物資源学研究科・生物資源学部は,9月21日に,三重大学教育GPの一環として「オープンラボ2012」を生物資源学部校舎において開催しました。
 本イベントは,昨年度の試行から規模を拡大して午前午後の1日を使って実施され,教員のサポートのもと,学生で構成される実行委員会により企画・運営が行われました。
 

 大学院生物資源学研究科の23研究室と大学院地域イノベーション学研究科の2研究室によるポスター展示,フィールドサイエンスセンターおよび附属練習船勢水丸の特別展示,15研究室の公開(ラボツアー)が実施され,参加学生は80名以上,来訪者は64団体の104名となり,好評のうちに幕を閉じました。

 

写真:ラボツアーで研究室の説明を行う学生