国立大学協会

トップ >新着情報 > TOPICS > 男女共同参画セミナーを開催

男女共同参画セミナーを開催【大分大学】

20121121-topics-oita.JPG

 

 

 大分大学女性研究者サポート室は,10月9日,大分大学男女共同参画公開セミナーを開催し,行政関係者,一般市民の方,同大関係者など約100名が参加しました。

 はじめに,嘉目克彦理事による開会挨拶の後,松浦恵子女性研究者サポート室長が同大における女性研究者支援事業について説明を行いました。

 続いて,同大の研究支援を受けた女性研究者2名が研究発表を行いました。平成23年度研究奨励賞の最優秀賞を受賞した教育福祉科学部 荻野千砂子講師は,「琉球語に残る日本の古語」と題し,「琉球語は,現代日本では使われなくなった日本古語と用語や文法における共通点が多く存在するため,さらに琉球語を研究することで日本古語の文法の解明に繋げたい」と述べ,平成24年度秋季国際学会派遣支援を受けた医学部 寺町芳子教授は,「看護実践の質を高めるための研究へのチャレンジ」と題し, “インフォームドコンセントにおける患者・医師・看護師の協働モデル”を,自身の看護師としての経験を織り交ぜながら「医療の場面で三者が協働する必要性だけでなく,研究・教育をとおして看護の質向上に貢献していきたい」と発表を行いました。なお,寺町教授は,派遣支援により参加した国際学会で,ポスター賞を受賞しました。

 その後の特別講演では,脳機能開発分野の第一人者である東北大学加齢医学研究所教授の川島隆太氏が「脳を知り,脳を育み,脳を鍛える ~脳科学から見る男女共同参画の意義~」と題し,講演を行いました。川島教授は,「生活習慣が脳の発達に影響する。男女ともにワークライフバランスを大事にすることは,未来に育つ子どもたちのきちんとした人生をつくることに繋がる」と,睡眠や朝食などの生活習慣が脳に与える影響と男女共同参画との関係について詳しく述べ,参加者からの盛大な拍手をもってセミナーは終了しました。

 

写真:
 左上 松浦室長による事業の紹介
 右上 荻野講師による研究発表
 左下 寺町教授による研究発表
 右下 講師の川島氏