国立大学協会

トップ >新着情報 > TOPICS > イタリア人修復士を招へいし実習授業 高松塚及びキトラ古墳壁画の修復現場を視察

イタリア人修復士を招へいし実習授業 高松塚及びキトラ古墳壁画の修復現場を視察 【金沢大学】

 

20121220-topics-kanazawa.jpg

 

 金沢大学人間社会研究域フレスコ壁画研究センターは、第3回目となる「日伊教育連携事業」として、11月13日から3日間にわたり、フレスコ壁画修復で世界トップレベルのイタリア国立フィレンツェ修復研究所から、パオラ・マリオッティ専任修復士を講師に迎え、実習授業を行いました。

 人間社会学域人文学類及び学校教育学類の学生約30名が、フレスコ壁画の修復保存に関する理論の講義及び修復技術(パック洗浄法)の実習に参加しました。学生らは実習で講師の実演を見学した後、グループ別に指導を受けながらパック洗浄を体験し、洗浄によって原作が現れてくると、あちこちから驚きと喜びの声が上がりました。

 また、実習後には、文化庁文化財部古墳壁画室の「壁画の保存修復と活用の調和に関する協力」事業の連携事業として、パオラ専任修復士と本センター研究員の7名が、建石徹古墳壁画対策調査官とともに奈良文化財研究所埋蔵文化財センターを訪れました。

 高松塚及びキトラ古墳壁画の修復現場を視察するとともに、第一線で活躍する日伊の壁画修復士が活発に意見交換するなど、今後の日伊の文化財の修復と保存科学の連携発展に繋がる大きな成果を得ることができました。

 

写真:
 左  パック法によるフレスコ壁画の洗浄実習
 右 国宝「高松塚古墳壁画」仮設修理施設で(写真提供:文化庁)