国立大学協会

トップ >新着情報 > TOPICS > ノーベル賞受賞者バリー・マーシャル教授を迎えて公開講座を開催

ノーベル賞受賞者バリー・マーシャル教授を迎えて公開講座を開催【滋賀医科大学】

 滋賀医科大学では、ピロリ菌の発見により2005年度ノーベル生理学・医学賞を受賞したバリー・マーシャル教授(西オーストラリア大学)を迎えて、平成19年6月22日(金)に琵琶湖ホテル(滋賀県大津市)において、「名誉博士」の称号授与式並びに一般市民を対象とした公開講座を開催しました。
 講演には、約350名の参加者が集まり、自らピロリ菌を摂取して仮説を実証した話やノーベル賞授賞式の模様など、マーシャル教授の貴重なお話に熱心に耳を傾けていました。
 引き続き、杏林大学高橋信一教授による「胃の病気の予防、診断と治療」と題した講演を行い、わかりやすく解説いただきました。その後の質疑応答でも活発なやりとりがあり、身近な胃の病気についての関心の高さが伺えました。
 参加者からは、「ピロリ菌の除菌の有用性がよく分かった」「ノーベル賞受賞者のお話が聞けて貴重な体験であった」「非常にわかりやすい説明であった」といった声が寄せられ、好評のうちに終了しました。
 また、終了後にはマーシャル教授が持参したノーベル賞のメダルを本学学生に披露し、学生たちは実物を手に取って、非常に感激した様子でした。

(写真上:熱心に聞き入る参加者)
(写真左:講演するマーシャル教授)
(写真右:マーシャル教授と学生たちとノーベル賞メダル)