国立大学協会

トップ >新着情報 > TOPICS > 附属病院でふれあいコンサートを開催

附属病院でふれあいコンサートを開催【大分大学】

 7月5日に,大分大学医学部附属病院外来ホールで「ふれあいコンサート」が催され,多数の入院患者の皆さんや職員が集まりました。このコンサートは,七夕とクリスマスのシーズンの年2回,入院中の患者さんに安らいでいただくために,一般の音楽活動サークルや大分大学学生の音楽系サークル,また,病棟と会場間の入院患者さんの送迎をお世話する多くの学生・職員ボランティアが参加・協力してコンサートを開いているものです。
 コンサートは,古林秀則附属病院長の挨拶に続き,医学部混声合唱団ユーベルエコーによる合唱が行われ,患者さんたちは学生と一緒に「夏の思い出」を歌いました。引き続き,社会人吹奏楽団「アンサンブルOITA」による演奏が行われ,七夕にちなんだ曲目を中心に構成されたステージで魅了しました。会場は七夕風にアレンジされ,ステージ横の笹竹には,「ぱぱがはやくよくなってお家に帰ってきますように」「お母さんが早く治りますように」などと書き込まれた短冊が飾られていました。

(写真:コンサートの様子)