国立大学協会

トップ >新着情報 > TOPICS > 大分大学と日本文理大学が協力協定を締結

大分大学と日本文理大学が協力協定を締結【大分大学】

 大分大学と日本文理大学は,9月4日に相互の自主と平等互恵を尊重する精神の下に協力し,両大学間の友好を深めるため,協力協定を締結しました。
 両大学は,従来から共同研究等で交流がありましたが,羽野忠大分大学長と松原典宏日本文理大学長の従前からの交流により,さらに交流を積極的に進めていくことになり,数度の協議を経てこのたびの協力協定締結となったものです。日本文理大学が国内の大学と協定を結ぶのは初めてであり,大分大学にとっては,今回の協定で大分県内のすべての大学と協力協定を締結したことになります。
 協力協定に基づく交流プログラムは「単位互換プログラムの実施」,「学生の交流」,「教職員の交流」,「教育・学術文化の交流」などで,工学と経済学で共通の基盤をもつ両大学の交流の成果が期待されています。
 調印式では,羽野学長から「今回の協定は,地域における大学間の協力をコンソーシアムとして発展させるという国からの要請にも応えるものです。両大学が共に切磋琢磨しお互いに栄えることを期待しています。」,松原学長から「日本文理大学は,学生の人間力養成,地域貢献に力を入れており,多様な教育課程を有する地域の大学と連携することは重要です。」とそれぞれ挨拶があり,両大学長は固い握手を交わしました。

(写真:調印後の握手をする羽野学長(右)と松原日本文理大学長(左))