国立大学協会

トップ >新着情報 > TOPICS > 新潟大学脳研究所創立50周年記念事業を挙行

新潟大学脳研究所創立50周年記念事業を挙行【新潟大学】

 新潟大学脳研究所は10月27日,ホテルオークラ新潟において,創立50周年事業として記念講演会,記念式典及び記念祝賀会を挙行しました。同研究所は,昭和32年,同大医学部に附属脳外科研究施設として設置され,その後,昭和42年に大学附置研究所として新潟大学脳研究所となりました。
 記念式典に先立ち開催された記念講演では,日本学術会議の金澤一郎会長,新潟脳外科病院ブレーンリサーチセンターの生田房弘所長,同研究所の中田力教授の講演が行われました。その後の記念式典には,全国の脳及び脳疾患に関する研究者,新潟県,新潟市,関連病院長及び研究所OB・現職教職員等約240名が出席し,高橋均同研究所長の挨拶に続き,森晃憲文部科学省研究振興局学術機関課長などからの祝辞があり,引き続いて記念祝賀会が催されました。
 また,50周年を記念して新潟大学21世紀COEプログラム「脳神経病理学研究教育拠点形成」が主催する神経病理学国際シンポジウムが10月26日から27日の2日間,同研究所附属統合脳機能研究センターセミナーホールで開催され,国内外の脳神経病理学の研究者が多数参加しました。

(写真中央:祝辞を述べる森晃憲文部科学省研究振興局学術機関課長)
(写真左下:講演する金澤一郎日本学術会議会長)