国立大学協会

トップ >新着情報 > TOPICS > 広瀬大分県知事による特別講演会を開催

広瀬大分県知事による特別講演会を開催【大分大学】

 大分大学医学部は、11月10日に広瀬勝貞大分県知事による特別講演会を同学部臨床大講義室で開催しました。
 講演は「みんなでつくる大分」と題し、大分県の経済、環境、福祉そして医療について行われ、学生190名及び学長、理事、学部長をはじめとする教職員70名の総勢約260名が熱心に聴講しました。
 この特別講演会は、大分大学医学部同窓会「玉樹会」が、近年の大分県の深刻な医師不足に関して、地域医療に携わる重要性を大分県知事に講演していただきたいという提案から、同大学が大分県に依頼して実現したものであり、地域医療に関する「大分県民の医療ニーズ」、「大分県の医師数」、「地域診療所の現状」、「救急医療の充実」などについて説明がありました。聴講した医学科の学生は、自身も大分県内に残り地域医療に携わりたいという目標を持っているが、大分県の現状や問題点などが分かったとの感想を述べました。

(写真中央:熱心に聴講する学生・教職員)
(写真右下:講演する広瀬大分県知事)