国立大学協会

トップ >新着情報 > TOPICS > 学生用の傘(金大傘)無料貸出サービス「アンブレラシェアリング」を開始

学生用の傘(金大傘)無料貸出サービス「アンブレラシェアリング」を開始【金沢大学】

 金沢大学は、11月から学生用の無料貸出傘200本を学生担当窓口に配置することになりました。
 これは関西の商業施設や渋谷、名古屋など全国で拡がりを見せるエコ活動「アンブレラシェアリング」の一環で、急な雨や雪に見舞われる北陸のこれからの季節に、使い捨ての傘を買わなくても気軽に借りられる傘を準備して、学生サービスの向上に努めるとともにエコ活動にも繋げようという初めての試みです。
 この取組は、学生課の若手職員からの提案で、金沢大学生活共同組合が同企画に賛同し、貸出用の傘が寄附されたもので、明るく親しみやすいオレンジ地に金沢大学と金大生協のロゴが白地でプリントされた「金大傘」という愛称です。
 使用の際には、学生担当窓口で貸出帳に氏名や日付等を記入し、3日程度で自主的な返却を促すこととしており、学生と事務担当者のコミュニケーション機会の増加や学生のマナー向上の狙いも併せ持ちます。
 今学期は試行で、貸出件数や返却率等を検証した上、来年度以降の拡大を検討する予定です。

(写真中央:オリジナルの傘は学生にも大好評)
(写真左下:学生担当窓口前に設置された貸出用の「金大傘」)