国立大学協会

トップ >新着情報 > TOPICS > 第2回科学・ものづくりフェスタ@愛教大を開催

第2回科学・ものづくりフェスタ@愛教大を開催【愛知教育大学】

 愛知教育大学は、大学の講義棟を主会場に11月8日「第2回科学・ものづくりフェスタ@愛教大」を開催しました。
 同大学では、2005年度から、特色ある大学支援プログラムによる「科学教育出前授業等による学生自立支援事業」として、訪問科学実験、ものづくり教室及び天文教育講座等の取り組みを行ってきました。
 今回のフェスタは、この事業の一環として計画されたものであり、一般市民を対象に、同大学の教員及び学生が協同で自然科学分野での実験・制作及びものづくり教室等を行うことにより、これらの取り組みと併せて大学の教育研究活動を広く社会に紹介することを目的として開催しました。
 同フェスタでは、同大学理科教育講座の戸田茂准教授による記念講演「南極物語」、松田正久学長及び伊東正人准教授によるノーベル賞受賞記念特別講演「やさしい素粒子論」が行われたほか、日本数学検定協会及び日本理科学検定協会も参加し、様々な実験・制作・展示・模擬検定など41のプログラムが行われ、小学生を中心に約1,000人の参加者で賑わいました。

(写真中央:錬金術の実験の様子)
(写真右下:100円ショップの材料で天体望遠鏡作り)