国立大学協会

トップ >新着情報 > TOPICS > 佐渡市と包括連携協定を締結

佐渡市と包括連携協定を締結【新潟大学】

 新潟大学は、包括的な連携のもと、相互に協力し、地域社会の発展と人材の育成に寄与することを目的として、11月13日、佐渡市との間で包括連携協定を締結しました。
 新潟大学で行われた締結式において、下條学長からは、「新潟大学では地域貢献、社会貢献を重視している。特に、佐渡市との関係では、トキのための棚田の再生などに取り組んでおり、今後さらに自然環境保護、地域産業の発展、人材の育成に向けて、両者のパイプを太くしていき、大学としての役割を果たしたい。」と抱負が述べられました。また、高野佐渡市長からは、「佐渡市の各種委員会には以前から新潟大学の教員が参加しており、佐渡市としては、今後は学生がフィールドワークを行うためのインフラ・基盤整備支援を行い、地域に元気がもたらされることを期待している。」と発言がありました。
 同大と佐渡市では、今後、連携の推進組織として「連携協議会」を設置し、連携をより具体的に進めることとしています。

(写真:協定書を取り交わす下條学長(左)と高野佐渡市長(右))