国立大学協会

トップ >新着情報 > TOPICS > 「Jr.サイエンス&ものづくりin教育大」を実施

「Jr.サイエンス&ものづくりin教育大」を実施【福岡教育大学】

 福岡教育大学では、福岡県内の小・中学生及び高校生を対象として、平成21年度大学等開放事業「“Jr.サイエンス&ものづくり”in教育大」を10月17日(土)に実施しました。
 この事業は、近年課題となっている「理科・数学離れ」「ものづくり離れ」などに対応するため、大学が有する教育機能や施設を広く地域社会に開放し、子どもたちに科学やものづくりに関する興味や関心を抱かせるとともに、動機付けを与えることを目的として毎年実施しているものです。今年も教員や学生が、子どもたちにわかりやすく、自然科学に関するおもしろ実験、実習及び工作、身近な生活にかかわるものづくり体験として、家庭科の楽しさを体験するみそ作りや防寒グッズ制作など12コースを実施しました。
 当日は803名もの子どもや保護者らが大学を訪れ、秋空の下、様々な実験・ものづくりを体験し、子どもたちは「とても楽しかった。来年も是非来たい。」と笑顔で大学を後にしていました。
(写真右上:防寒グッズ作成の様子、左上:熱心に工作の指導をする同大学学生、右下:化石採取体験の様子)