国立大学協会

トップ >新着情報 > TOPICS > 新潟大学北京事務所設立記念講演会を開催

新潟大学北京事務所設立記念講演会を開催【新潟大学】

 新潟大学では,8月1日に同大初の海外事務所となる「新潟大学北京事務所」(中国名:新潟大学中国代表処)を設立したことを記念して,11月8日(日),北京市内のホテルにおいて「新潟大学北京事務所設立記念講演会」を日本学術振興会北京研究連絡センターとの共催で開催しました。
 講演会には,同大学から下條学長,山下理事,島田理事,山田副学長(北京事務所長)らが現地に赴き,同大学と大学間交流協定を締結している北京大学からは呉志攀校務委員会常務副主任,清華大学からは胡東成校務委員会副主任をはじめ,新潟市北京事務所・近藤淳一所長,同大卒業生代表として韓暁武全人代常務委員会副秘書長らが来賓として出席しました。また,同大学に留学経験を持つ中国の同窓生や同大学との交流協定締結校関係者等も出席し,合わせて約100人の参加者を得て開催されました。
 講演会では,山下理事から「中国に開かれた新潟大学~新潟大学アクション・プラン2009」と題した,下條学長が中心となって策定を進めた同プランについて説明が行われ,今後,これを基にして東アジア,とりわけ中国との間で「よき隣人」として交流を深めていくことの重要性が強調して説明されました。
 引き続き行われた祝賀会では,下條学長の指導により博士学位を取得した謝院生・人民解放軍総医院腎臓病科教授から祝辞が述べられた後,山下理事の発声で乾杯が行われ,集まった同窓生らが学生時代の想い出や今後の同大学への期待などについて語りあい,北京事務所の開設を盛大に祝いました。
 当日は,中国の英字紙チャイナ・デイリー紙をはじめ中国の多くのメディアも取材に訪れ,注目度の高さを窺わせました。
(写真キャプション:左 挨拶する下條学長、右 下條学長と同窓生)