国立大学協会

トップ >新着情報 > TOPICS > 国際学長フォーラム ―第7回熊本大学フォーラム―

国際学長フォーラム ―第7回熊本大学フォーラム―【熊本大学】

 「国際学長フォーラム ―第7回熊本大学フォーラム―」が10月31日、熊本大学で開催されました。「熊本大学フォーラム」は熊本大学の優れた教育研究の情報発信の場として、平成15年から国内外で毎年開催されています。今回は同大学設立60周年記念事業の一環で「国際学長フォーラム」として実施され、世界11カ国の交流協定大学26校の学長・副学長が参加しました。
 午前の部は「国際学長会議」が行われ、谷口学長が議長を務める中、海外協定校7校の発表と各大学が取り組む国際的教育研究連携についての紹介、具体的な共同研究や共同人材育成のプログラム形成などについて議論が交わされました。国際学長会議に参加した山東大学の婁紅祥副学長はフォーラムの成果について「さまざまな大学が参加することで、国際化の中で直面する困難を克服するために協力し合うことができるし、学術的な進歩も期待できる。また、各大学との友情が生まれることも成果の一つだ」と述べました。

 午後の部は、熊本県内の大学および国際交流団体、地元市民、学内関係者らを対象に「記念講演会」が行われ、約170名が参加しました。午前の「国際学長会議」の成果報告と海外協定校4校が各大学の国際化推進活動について発表しました。熊本大学大学院自然科学研究科長による発表では、留学生・外国人研究者の行き先としての熊本の良さ、優位性をアピールしつつ、熊本大学の国際化戦略の概要や特徴的な取り組みが伝えられました。
(写真キャプション:熊大学長フォーラム)