国立大学協会

トップ >新着情報 > TOPICS > 第2回金沢大学女性研究者支援シンポジウム」を開催

第2回金沢大学女性研究者支援シンポジウム」を開催【金沢大学】

金沢大学は、11月9日に「第2回金沢大学女性研究者支援シンポジウム 女性研究者のキャリア継続 ~社会・制度・パートナーの役割~」を同大角間キャンパスで開催しました。
 これは文部科学省科学技術振興調整費「女性研究者支援モデル育成」事業の女性研究者支援にかかる広報啓発活動の一環として企画したもので、学内外から約150名が参加しました。
 中村信一学長のあいさつの後、東京大学の上野千鶴子教授が「女性研究者の生存戦略」、内閣府男女共同参画局の大西知子企画官が「女性研究者の活躍を目指して」と題して講演を行った後、同大学男女共同参画キャリアデザインラボラトリー長の八重澤美知子教授が同大学の女性研究者支援策を紹介し、人間社会研究域古畑徹教授と理工研究域坂本敏夫准教授が女性研究者をパートナーとする立場からショートレポートを発表しました。
 参加者は、女性研究者をとりまく環境や男女共同参画を推進するための今後の支援策の在り方について知識を深めました。
(写真左 金沢大学長のあいさつ、右 講師の話に耳を傾ける参加者)