国立大学協会

トップ >新着情報 > TOPICS > 小・中学生のロボット製作講座開催

小・中学生のロボット製作講座開催【大分大学】

 大分大学は,県内の小中学生に科学技術への関心を喚起するため,自分でロボットを作り,さらに,プログラムを書いて動かしてもらうという宿泊体験型科学教室「科学(ロボット)の不思議」講座を,12月5,6日に開催しました。
 この講座は,大分県立香々地青少年の家主催,同大学工学部電気電子工学科連携(講師2名,TA5名)で,科学技術振興機構(JST)が行うサイエンス・パートナーシップ・プロジェクト(SPP)の一環として実施されました。
 はじめは,「人間型ロボットを作るんじゃなかったの?」という子どもらしい声も聞こえたが,いざ作り始めると,子どもたちは説明図とにらめっこし,休憩するのも忘れて作業に没頭していました。また,ほとんどの子どもたちにとって初めての経験であった半田付けの作業では,安全指導の後,不器用に半田ごてを握る姿が印象的でした。
 その後,講師やTAの指導を受けながら、ロボット上のマイコンのプログラミングを,,翌日のコンテストに向けて夢中で行っていました。コンテストでは,一人ずつ順番に,自分のロボットのアピールポイントを述べた後,課題の遂行と芸術点を競い,最後に優秀者の表彰と賞品授与を行いました。
(写真左上 作業に没頭する子どもたち、右上 半田付け作業、左下プログラミング作業、右下 コンテストの様子)