国立大学協会

トップ >新着情報 > TOPICS > 「ふくおかで学ぼう2010」アカデミック・カフェに参加

「ふくおかで学ぼう2010」アカデミック・カフェに参加【福岡教育大学】

10月7日(木)、大学のまち福岡を九州広域の高校生にPRする「ふくおかで学ぼう2010」アカデミック・カフェが開催されました。この事業は、「大学ネットワークふくおか」の大学共同事業として大学・政・産業界が連携し、大学への志願者増加による都市の活性化を図るため、大学・民間事業者・行政の協働によって『大学の街・福岡』を幅広くアピールしていこうというものです。
今回は『環境』をテーマに、福岡教育大学技術教育講座平尾健二准教授が「茶碗一杯のご飯から見えるエネルギー、そして環境」と題して講義を行いました。 「今日までの3日間でご飯は何回食べましたか」、「ご飯1杯の米粒数は?」などの質問や実際に1人が1か月に消費する「お米」を数値化し、田んぼの面積を紐で示すなど作業を交え、最後に「お米」を通して、私たちの「食」にまつわるエネルギー環境について参加者とともに考えました。参加者からは、大学の講義を楽しく受講できたと好評でした。