国立大学協会

トップ >新着情報 > TOPICS > 「地域と大学の共創まちづくり 金澤ひがし竹あかり」を実施

「地域と大学の共創まちづくり 金澤ひがし竹あかり」を実施【金沢大学】

 10月16・17日、金沢大学角間里山本部と地域連携推進センターは、金沢東山・ひがしの町並みと文化をまもる会と連携し、金沢市東山地区で「金澤ひがし竹あかり」を実施しました。
 この行事は、同大人間社会学域地域創造学類の学生が、角間の「里」と東山などの「街」を結ぶ新しい繋がりをつくるために企画したもの。当日は約20名の学生が参加し、角間の里山で市内小学校の児童と協力して作った約千個の灯籠を石畳に置き、ろうそくに明かりを点灯しました。点灯式のあとには、同大琴尺八部による演奏会が行われました。
 観光客らは竹灯籠の炎と茶屋街に響く音楽に足を止め、その幻想的な世界を堪能しました。

写真上:学生らが作った灯籠 下:竹あかりの中、演奏する琴尺八部のメンバー