国立大学協会

トップ >新着情報 > TOPICS > 「日伊教育連携事業」イタリアから世界一級の壁画の修復士を招き、学生への講義・実習指導

「日伊教育連携事業」イタリアから世界一級の壁画の修復士を招き、学生への講義・実習指導【金沢大学】

 金沢大学フレスコ壁画研究センターは、「日伊教育研究連携事業」として、イタリア・国立フィレンツェ修復研究所のマリアローザ・ランフランキ主任修復士を招へいし、3学域の該当分野専攻の学生などを対象に11月19日から25日までの間、集中講義及び学生実習指導を行いました。
 イタリアでは1980年代以降、できるだけ壁画を建造物から剥がさない方向での修復と保存を実施しているが、最終手段としての「剥がしの技法」は最も高度な技術と多くの経験を有する、重要な治療法であることに変わりありません。
 本実習に先立ち、絵画担当の大村雅章教授が『聖十字架物語』(サンタ・クローチェ教会大礼拝堂)の一部を、これまでの材料・技法研究を活かして原寸大で3点模写。うち1点を剥がさずに壁面に残し、残り2点をストラッポ法(最上層の描画面のみを薄く引き剥がす技法)とスタッコ法(下塗り漆喰と上塗り漆喰の層間で剥がす技法)で剥がして比較し、壁画をどこまで忠実に保存できるかを実験しましたた。サンプル壁画の中には、フレスコ技法だけではなく、彫刻担当の江藤望准教授が担当した接着剤(卵黄)を用いたセッコ法部分や密蝋と金箔による金彩装飾を含み、壁面から剥がされて別のパネルに張り替えられたときにどこまで損傷を受けるかも調べました。
 期間中、同大中村信一学長が実習授業を視察し、世界一級の壁画修復士の指導の下、ストラッポ法での壁画の引き剥がしを手伝うなど、学生たちと貴重な体験を共有しました。

写真左:熱心にメモを取る学生たち 右:壁画の引き剥がしを手伝う中村学長