国立大学協会

トップ >新着情報 > TOPICS > 弘前大学フィルハーモニー管弦楽団演奏会-八戸公演-を開催

弘前大学フィルハーモニー管弦楽団演奏会-八戸公演-を開催【弘前大学】

 弘前大学では,去る11月18日に八戸市内の八戸市公会堂において,弘前大学フィルハーモニー管弦楽団による演奏会を開催しました。この演奏会は国立大学法人弘前大学が主催し,昨年まで3年連続で青森市で行っていたものを,今回初めて,会場を八戸市に移しての開催となりました。
 当日は,県南各地域からおよそ500名の来場者がありました。
 安達弘潮弘前大学名誉教授の指揮で,L.V.ベートーヴェンの交響曲第5番ハ短調「運命」ほかを演奏,来場者は,弘前大学フィルハーモニー管弦楽団の若さ溢れるエネルギッシュな演奏に耳を傾けていました。
 また,これと同時に,会場である八戸市公会堂のエントランスホールでは,八戸地域の方々に,大学内で行われている研究内容を具体的に理解してもらう事を目的とした「弘前大学-知の創造-in八戸」も開催されました。この催しは,各学部の教員や学生がパネル展示等を使用して,それぞれの学部の概要説明や研究内容を紹介するというもので,会場を訪れた高校生達は,それぞれ関心のある学部のコーナーで,熱心に説明を受けていました。

写真:演奏する弘前大学フィルハーモニー管弦楽団
写真右上:「知の創造」での研究成果発表