国立大学協会

トップ >新着情報 >お知らせ >国立大学協会第1回通常総会を開催-新会長に京都大学松本総長が就任-(6/19)

国立大学協会第1回通常総会を開催-新会長に京都大学松本総長が就任-(6/19)

 国立大学協会は6月19日(水)に、平成25年度第1回通常総会を学士会館で開催しました。今回の総会では、役員の任期が満了することに伴い、役員の改選が行われ、新会長に京都大学の松本 紘総長、副会長に名古屋大学の濵口 道成総長、東北大学の里見 進総長、お茶の水女子大学の羽入  佐和子学長、熊本大学の谷口 功学長、顧問に東京大学の濱田 純一総長がそれぞれ就任しました。

 総会では、事業報告等の各種報告がなされた後、国立大学法人を取り巻く当面の課題について、特に「日本版NIH」構想に関する声明案を採択するとともに、国立大学改革について議論がなされました。

 また、総会終了後、新会長、前会長、新副会長の6名で記者会見が行われ、松本新会長が今後の国大協について熱く抱負を語りました。

 

20130619-wnew-soukai1.jpg

総会の様子

20130619-wnew-soukai2.jpg

記者会見の様子

20130619-wnew-soukai3.jpg

抱負を語る松本新会長