国立大学協会

トップ >新着情報 >お知らせ >Universities Australiaが国立大学協会を訪問(12/3)

Universities Australiaが国立大学協会を訪問(12/3)

 12月3日、オーストラリアの大学の協議体であるUniversities Australia(UA)のLansdown副CEO、オーストラリア政府教育省のHartブランチマネジャー、オーストラリア大使館のHarris参事官等が来訪し、意見交換を行いました。

 国立大学協会、UAの概要を互いに説明した後、学生、職員、研究者それぞれのレベルでの相互交流の拡大、国際共同研究やダブルディグリープログラム、ジョイントディグリープログラムについて意見交換を行い、高等教育分野での更なる交流拡大に向けて協力を進めていくことを確認しました。

 また、12月4日5日には、オーストラリア政府主催の「高等教育の国際化に関する日豪シンポジウム」がオーストラリア大使館で開催され、国立大学協会からも参加したところです。

 文部科学省の調査によると、2011年の日本からオーストラリアへの留学者数は2,117人で、留学先として5番目の多さとなっています。一方、日本学生支援機構の調査(2013年度)では、オーストラリアからは312人が日本へ留学しており、その国別人数は22番目となっています。

 今後の交流拡大に向けて、国立大学協会としても積極的に取り組んでいきます。

 

20141203-wnew-aus1.jpg

意見交換の様子

 

20141203-wnew-aus2.jpg

集合写真