国立大学協会

トップ >新着情報 >お知らせ >フランス大学長会議、フランス技師学校長会議との意見交換を実施(5/15)

フランス大学長会議、フランス技師学校長会議との意見交換を実施(5/15)

  国立大学協会は、5月15日(金)、学術総合センターにおいて、フランスの大学団体であるフランス大学長会議(CPU)及びフランス技師学校長会議(CDEFI)と日仏間の学生交流の拡大に向けた意見交換を行いました。その会合には、文部科学省及び在日フランス大使館の担当官にも加わっていただきました。

 今回の会合は、当協会が昨年5月にCPU及びCDEFIと締結した、履修・学位・単位の相互認証等に関する協定に記載された、2年後のフォローアップ会合の準備会合としての位置付けで、来年の本会合に向けて、現状の取組状況や課題等について意見交換を行いました。

 現在の交流状況としては、2012年の日本からフランスへの留学生数は1,364人で、フランスから日本への留学生数はヨーロッパで最も多く、833人となっています。また、文部科学省の調査によると、2012年時点で日本の国立大学とフランスの高等教育機関との間で締結された交流協定は383協定となっています。

 当協会は、CPU及びCDEFIとの協力関係を強化し、今後も日仏間の学生交流の拡大に向けた取組を進めていきます。

20150515-wnew-france01.jpg

意見交換の様子

 

20150515-wnew-france02.jpg

集合写真