国立大学協会

トップ >新着情報 >お知らせ >第14回大学改革シンポジウム『女性の活躍促進』の開催について(10/23)

第14回大学改革シンポジウム『女性の活躍促進』の開催について(10/23)

 一般社団法人国立大学協会では、第14回大学改革シンポジウム『女性の活躍促進』を平成27年10月23日(金)に一橋講堂を開催します。

 

 政府の「指導的地位を占める女性の割合を2020年までに少なくとも30%程度」とするとの目標達成に向け、国立大学法人等においても対応が求められています。

国立大学協会では、『女性の活躍促進』において国立大学が果たすべき役割と現状・課題などについて議論し、国立大学の存在することの意味や価値を社会全体に発信するため、大学改革シンポジウムを開催いたします。

 本シンポジウムは、『女性の活躍促進』をテーマに、東京農工大学の 松永 是 学長の基調講演の後、内閣府男女共同参画推進連携会議 議員を務める理化学研究所の 羽入 佐和子 理事のほか、男女共同参画に造詣が深い国立大学教員からご意見をいただきながら、パネルディスカッションを行う予定です。

 また、文部科学省生涯学習政策局男女共同参画学習課の 高橋 雅之 課長をコメンテーターとして迎え、平成28年4月1日施行の「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」についてもポイントをお話しいただく予定です。

 

 公開シンポジウムにつき、参加費は無料となっておりますので、本件に関心をお持ちの多くの方々のご参加をお待ちしております。

 

 

関連ファイル