国立大学協会

トップ >新着情報 >お知らせ >平成28年度国立大学法人等担当理事連絡会議を開催(6/3)

平成28年度国立大学法人等担当理事連絡会議を開催(6/3)

 国立大学協会は、6月3日(金)、一橋講堂(学術総合センター)において、「平成28年度国立大学法人等担当理事連絡会議【国立大学の財政基盤の強化方策について】」を開催しました。

 この連絡会議は、国立大学法人等の理事を対象に、担当する分野の知識及び情報を体系的に学び、また理事相互の交流を図ることにより連帯感を高め、国立大学法人等の更なる発展に寄与することを目的とし、今年度から新たに実施するものです。

 今回は、【国立大学の財政基盤の強化方策】をテーマに、各大学等から74名が参加しました。

 はじめに本協会の山本健慈専務理事より開会挨拶があり、続いて、3人の講師による事例発表とグループ別討議が行われ、大変有意義な会議となりました。

 また、日程終了後には、参加者に加え、文部科学省から藤原誠官房長、常盤豊高等教育局長をはじめとする関係者と当協会関係者も交えた情報交換会が行われ、理事同士の親睦を深めました。

 

【事例発表】
「地元自治体等との連携による財政基盤の強化について」
 加藤  健 氏(弘前大学 理事・副学長・事務局長)

「地区連携によるベンチャーファンドの創設・共同運用」
 木村 彰吾 氏(名古屋大学 理事・副総長)

「神戸大学コスト削減プロジェクト」
 吉井 一雄 氏(神戸大学 理事・事務局長)

【グループ別討議】
・議題(1):経費の削減
・議題(2):外部資金の獲得(収益を伴う事業を含む)
・議題(3):寄附金収入の拡大



開会挨拶をする山本国立大学協会専務理事
開会挨拶をする山本国立大学協会専務理事

 

加藤 健 氏(弘前大学)による事例発表
加藤 健 氏(弘前大学)による事例発表

 

木村 彰吾 氏(名古屋大学)による事例発表
木村 彰吾 氏(名古屋大学)による事例発表

 

吉井 一雄 氏(神戸大学)による事例発表
吉井 一雄 氏(神戸大学)による事例発表

 

グループ別討議の様子
グループ別討議の様子