国立大学協会

トップ >新着情報 >お知らせ >第15回大学改革シンポジウム「日本の教育改革における国立大学の役割」の開催について(10/24)

第15回大学改革シンポジウム「日本の教育改革における国立大学の役割」の開催について(10/24)

20160907-wnew-daigakukaikaku.jpg

 

 国立大学協会では、日本の教育改革において国立大学が主体的に果たすべき役割などについて議論を深め、国立大学の存在意義の重要性について広く社会へ発信していくため、「日本の教育改革における国立大学の役割」と題し、平成28年10月24日(月)に一橋講堂において第15回大学改革シンポジウムを開催します。

 本シンポジウムは、高大接続システム改革による教育改革に焦点を当て、現役国立大学生の総合司会により進行し、前 文部科学大臣補佐官の鈴木 寛 氏の基調講演の後、現職の国立大学長や文部科学省、高等学校関係者を迎えてご意見を伺うとともに、現役国立大学生の意見なども交えながら、活発な議論の場とする予定です。

 

 

関連リンク
関連ファイル