国立大学協会

トップ >新着情報 >お知らせ >国立大学協会が講演会『英国の高等教育の現状について』を開催(10/28)

国立大学協会が講演会『英国の高等教育の現状について』を開催(10/28)

 2016年10月28日、国立大学協会は、英国の大学団体である英国大学協会(Universities UK:UUK)のDame Julia Goodfellow会長(ケント大学・学長)を招へいし、学士会館(東京)において、講演会を開催しました。

 当協会の里見進会長(東北大学・総長)の開会挨拶に続いて、本講演会の共催機関である、広島大学日英欧研究学術交流センター(RIJUE)の秦由美子センター長からの挨拶がありました。その後、Goodfellow会長より、『英国の高等教育の現状について(英題:The Current Situation of Higher Education in the UK)』というテーマのもと講演が行われました。

 講演においては、英国の高等教育政策の動向やそれに対する英国大学協会及び各大学の対応を中心に、EU離脱問題にも触れながら、同国の現状に対するGoodfellow会長の鋭い洞察が示されました。本講演会には、国立大学を中心とする日本の高等教育関係者や在日英国政府機関関係者など約100名が参加しました。講演後には、参加者との大変活発な質疑応答が行なわれ、各自が、英国の高等教育について日本の現状と比較しながら理解を深めることができました。

 

■講演会『英国の高等教育の現状について』
    (英題:The Current Situation of Higher Education in the UK)
     日 時: 2016年10月28日(金)
     会 場: 学士会館(東京)
     ※プログラムはこちら

※Goodfellow会長の講演録はこちら




20161028-wnew-uuk
開会挨拶をする里見会長

 

20161028-wnew-uuk
共催挨拶をする秦RIJUEセンター長

 

20161028-wnew-uuk
講演をするGoodfellow会長

 

20161028-wnew-uuk
会場全体の様子

 

20161028-wnew-uuk
参加者からの質問に耳を傾けるGoodfellow会長

 

20161028-wnew-uuk
Goodfellow会長に質問をする参加者