国立大学協会

トップ >新着情報 >お知らせ >国立大学における男女共同参画推進の実施に関する第13回追跡調査について

国立大学における男女共同参画推進の実施に関する第13回追跡調査について

 国立大学協会では、「国立大学における男女共同参画推進の実施に関する追跡調査」を2001年以降継続して実施しておりますが、今回13回目となる調査をとりまとめました。

 今回の調査結果では、2016年5月1日現在の女性教員比率は15.8%※1となり、前回調査より0.4ポイント増加しました。また、大学別女性教員比率の平均は17.3%※2となり、前回調査より0.5ポイント増加しました。前年度より女性教員比率が1%以上増加した大学は86大学中25大学でした。
(※1…全国立大学女性教員数(助手を除く)/全国立大学教員数(助手を除く))
(※2…各国立大学における女性教員比率の平均値(86大学))

 

調査結果の概要及び調査報告書は以下のURLよりご参照ください。

 

参考URL:http://www.janu.jp/gender/