国立大学協会

トップ >新着情報 >お知らせ >東南アジア教育大臣機構 高等教育開発地域センター(SEAMEO-RIHED)所長が 国立大学協会を訪問(7/5)

東南アジア教育大臣機構 高等教育開発地域センター(SEAMEO-RIHED)所長が 国立大学協会を訪問(7/5)

 国立大学協会は、2017年7月5日に、東南アジア教育大臣機構 高等教育開発地域センター(SEAMEO-RIHED)のChantavit Sujatanond(チャンタビット・スジャッタノン)所長を招へいし、意見交換を行いました。

 SEAMEO-RIHEDは、バンコク(タイ)に本部を置く、東南アジア教育大臣機構の下部組織の一つであり、東南アジア地域レベルの高等教育分野の研究・開発事業を担っています。

 会合には、文部科学省より堀尾多香室長補佐(高等教育局高等教育企画課国際企画室)が出席され、また、広島大学より堀田泰司国際担当副理事兼国際センター教授(国立大学協会国際交流委員会専門委員)も同席されました。

 会合においては、国立大学協会、SEAMEO-RIHEDの双方から各団体の概要や国際交流の取組等について説明があった後、今後の両団体間における協定締結や包括的な協力・連携について活発に意見が交わされました。

 今後の交流拡大に向けて、国立大学協会としても積極的に取り組んでいきます。

 



スジャッタノンSEAMEO-RIHED所長
スジャッタノンSEAMEO-RIHED所長

 

意見交換の様子
意見交換の様子

 

集合写真
集合写真