国立大学協会

トップ >新着情報 >お知らせ >「国公立大学振興議員連盟第10回総会」の開催及び宮川典子文部科学大臣政務官及びうえの賢一郎財務副大臣に対して決議を手交(8/9)

「国公立大学振興議員連盟第10回総会」の開催及び宮川典子文部科学大臣政務官及びうえの賢一郎財務副大臣に対して決議を手交(8/9)

 8月9日(水)に衆議院第2議員会館1階 多目的会議室において、国公立大学振興議員連盟第10回総会が開催されました。

 議議事に先立ち、河村建夫会長、斉藤鉄夫会長代行、田村憲久幹事長、宮川典子文部科学大臣政務官、山極壽一国立大学協会会長(京都大学長)、郡健二郎公立大学協会会長の挨拶の後、梶田隆章東京大学教授から日本の科学研究の現状について講演がありました。

 続いて、山極国大協会長から、国立大学の自己収入確保の取り組み実績を含めて、平成30年度予算及び税制改正の要望事項について、国立大学が置かれている現状を踏まえて、その重要性を訴えました。

 また、郡公大協会長からは「公立大学が地方連携機能の強化をはかるために」と題した説明があり、続いて瀧本寛文部科学大臣官房審議官から、平成30年度の概算要求及び税制改正要望の検討状況等について説明がありました。

 最後に、国立大学の担う役割を確実に実施するために、「平成30年度予算における国公立大学関係予算の充実及び税制改正に関する決議」が採択され、河村会長から宮川文部科学大臣政務官に対して決議文が手交されました。

 

 ※総会終了後、田村幹事長、冨岡勉事務局長、瀬戸隆一事務局次長から、うえの賢一郎財務副大臣に対して上記決議を手交すると同時に、国大協側からは山極会長、永田副会長、岡副会長、室伏副会長、梶田東京大学教授及び郡公大協会長から「平成30年度予算における国立大学関係予算の充実及び税制改正について」の要望書を手交し、基盤的経費の安定的確保について強く要請しました。

 

出席議員13名、代理45名

国大協出席者 山極会長、永田恭介副会長、岡正朗副会長、室伏きみ子副会長
学長9名(北海道教育大学、福島大学、東京学芸大学、埼玉大学、千葉大学、新潟大学、浜松医科大学、愛知教育大学、自然科学研究機構)



 

20170809-wnew-giren

議員連盟役員

20170809-wnew-giren 20170809-wnew-giren

挨拶する河村建夫会長

挨拶する宮川典子文部科学大臣政務官

20170809-wnew-giren 20170809-wnew-giren

講演する梶田隆章東京大学教授

説明する山極壽一国立大学協会会長

20170809-wnew-giren 20170809-wnew-giren

説明する奥野武俊公立大学協会専務理事

説明する瀧本寛文部科学大臣官房審議官

20170809-wnew-giren

河村会長から宮川文部科学大臣政務官へ決議文及び要望書の手交

20170809-wnew-giren

田村幹事長からうえの財務副大臣へ決議文及び要望書の手交

 

関連ファイル