国立大学協会

トップ >新着情報 >お知らせ >第16回大学改革シンポジウム「社会で活躍する人材育成(国立大学と社会をつなぐ)」の開催について(11/17)

第16回大学改革シンポジウム「社会で活躍する人材育成(国立大学と社会をつなぐ)」の開催について(11/17)

20171117-wnew-daigakukaikaku.jpg

 

 国立大学協会では、「社会で活躍する人材育成(国立大学と社会をつなぐ)」と題し、平成29年11月17日(金)に一橋講堂において第16回大学改革シンポジウムを開催します。

 本シンポジウムでは、日本の教育改革において国立大学が主体的に果たすべき役割などについて議論を深め、国立大学の強みを活かし、将来の我が国を支え、社会に貢献する人材育成に寄与する姿勢を広く社会へ発信していきます。今回は、社会と協働する教育に焦点を当て、現役国立大学生の総合司会により進行し、株式会社リアセック キャリア総合研究所 所長の角方 正幸 氏の基調講演の後、積極的な取り組みを行っている福井大学、新潟大学、長岡技術科学大学及びインターンシップの受入を実施している凸版印刷株式会社から担当者を迎えて事例発表いただくとともに、現役国立大学生も交えたパネルディスカッションを行い、活発な議論の場とする予定です。

 公開シンポジウムにつき、参加費は無料となっておりますので、本件に関心をお持ちの多くの方々のご参加をお待ちしております。

 

 

関連リンク
関連ファイル