国立大学協会

トップ >新着情報 >お知らせ >国大協「平成30年度 ユニバーシティ・デザイン・ワークショップ」を開催(8/31~9/2)

国大協「平成30年度 ユニバーシティ・デザイン・ワークショップ」を開催(8/31~9/2)

 国立大学協会は、8月31日(金)から9月2日(日)にかけて、クロス・ウェーブ府中(東京都府中市)において、2泊3日の合宿形式による「ユニバーシティ・デザイン・ワークショップ」を開催しました。

 この研修会は、国立大学法人及び大学共同利用機関法人における将来の経営人材を育成するため、マネジメント力の向上とともに参加者間のネットワークの構築を図ることを狙いとして、本年度から開始したものであり、今回は各機関から所属長の推薦を得た47名の理事、副学長、部局長等が参加しました。

 研修会では、初日に内閣府総合科学技術・イノベーション会議常勤議員の上山隆大氏から「大学の戦略的ガバナンスとアカデミアの成長」、2日目に東京工業大学前学長・名誉教授の三島良直氏から「東京工業大学の改革について~教育・研究・ガバナンスの一体的改革の実行~」、3日目に日本アイ・ビー・エム株式会社名誉相談役の橋本孝之氏から「新産業革命とグローバルリーダーシップ」と題し、それぞれご講演いただきました。

 参加者には、大学マネジメントに関する文献の講読や、ビデオ教材の視聴等を事前に課しており、それらを踏まえて、自大学のあるべき姿・現状とそのギャップを埋めるために必要なことについてレポートを作成したうえで研修会に臨みました。研修会の中では、事前レポートと3つの講演の内容をもとに、各7名程度のグループに分かれて3回、計6時間にわたる活発な討議を行ったほか、グループ討議の内容を踏まえ2回、計3時間の全体討議を行いました。さらに、合宿の利点を活かして2晩とも、夜遅くまで大変熱心な情報交換が行われました。

 開催後のアンケートでは、「自大学の未来像を構想するうえで多くのヒントや具体的な方策、必要な視点を得ることができた」「大学のマネジメントを深く考えることができ、他大学の実情も具体的に知ることができた」「他大学の改革の実例について、その裏話を含めて聞くことができたのは今後の大学運営で非常に参考になった」といったコメントが寄せられました。

【講演】
1)「大学の戦略的ガバナンスとアカデミアの成長」
   上山 隆大 氏(内閣府総合科学技術・イノベーション会議 常勤議員)
2)「東京工業大学の改革について~教育・研究・ガバナンスの一体的改革の実行~」
   三島 良直 氏(東京工業大学前学長・名誉教授)
3)「新産業革命とグローバルリーダーシップ」
   橋本 孝之 氏(日本アイ・ビー・エム株式会社名誉相談役)

【グループ討議のテーマ】
1)高等教育を取り巻く環境、政策動向、ビジョンを構想するための視野と能力
2)参加者の所属大学の将来像とそれを実現するための方策や課題
3)戦略の構築、組織・仕組みの整備、リーダーシップ
 



開会挨拶をする松尾清一国立大学協会事業実施委員会委員長(名古屋大学総長)
開会挨拶をする松尾清一国立大学協会事業実施委員会委員長(名古屋大学総長)

 

三島良直 氏(東京工業大学前学長・名誉教授)
三島良直 氏(東京工業大学前学長・名誉教授)

 

橋本孝之 氏(日本アイ・ビー・エム株式会社名誉相談役)
橋本孝之 氏(日本アイ・ビー・エム株式会社名誉相談役)

 

グループ討議の様子
グループ討議の様子

 

グループ討議の様子
グループ討議の様子

 

全体写真
全体写真