国立大学協会

トップ >新着情報 >お知らせ >国大協「平成30年度国立大学法人等担当理事連絡会議【IT活用による大学業務の高度化】」を開催(10/4)

国大協「平成30年度国立大学法人等担当理事連絡会議【IT活用による大学業務の高度化】」を開催(10/4)

 国立大学協会は、10月4日(木)、学術総合センターにおいて、平成30年度国立大学法人等担当理事連絡会議【IT活用による大学業務の高度化】を開催しました。

 この研修会は、国立大学法人等の理事等を対象に、担当する分野の知識及び情報を体系的に学び、また参加者相互の交流を図ることにより連帯感を高め、国立大学法人等の更なる発展に寄与することを目的とし、年2回、テーマを変えて開催しています。

 6月の【学士課程教育のあり方】をテーマにした第1回に引き続き、今回は【IT活用による大学業務の高度化】をテーマに実施し、各機関において業務改革、人事労務、情報推進を担当する79名の理事・副学長等が参加しました。

 はじめに、本協会の山本健慈専務理事から開会挨拶があり、続いて、深澤良彰早稲田大学図書館長・理工学術院教授による講演の後、早稲田大学と東北大学からRPA(Robotic Process Automation)の導入事例に関する発表が行われました。

その後、講演、事例発表及び事前に実施したアンケートの結果などを参考にしながら、8つのグループに分かれ、業務におけるIT技術やRPA導入の現状と今後の課題をテーマとした意見交換が行われました。日程終了後には、情報交換会が行われ、参加者同士の親睦を深めました。

 開催後のアンケートでは、参加者から「RPAがどのような業務で活かせるのかがよくわかった」「大学業務の整理・見える化が大切であると再認識した」といったコメントが寄せられました。

【講演】
○「早稲田大学の改革戦略とその実践~早稲田大学の悩み(のいくつか)とその対応策~」
   深澤 良彰 氏(早稲田大学 図書館長・理工学術院教授)

【事例発表】
○「早稲田大学におけるITを活用した業務改善の実践事例~業務自動化ツール(Robotic Process Automation)の導入~」
   伊藤 達哉 氏(早稲田大学 情報企画部兼人事部 担当部長)
○「東北大学における RPAの実践事例紹介」
   大川 俊治 氏(東北大学 情報部長)
 



開会挨拶をする山本 国立大学協会専務理事
開会挨拶をする山本 国立大学協会専務理事

 

深澤良彰 氏(早稲田大学 図書館長・理工学術院教授)
深澤良彰 氏(早稲田大学 図書館長・理工学術院教授)

 

伊藤達哉 氏(早稲田大学 情報企画部兼人事部 担当部長)
伊藤達哉 氏(早稲田大学 情報企画部兼人事部 担当部長)

 

質疑応答の様子
質疑応答の様子

 

大川俊治 氏(東北大学 情報部長)
大川俊治 氏(東北大学 情報部長)

 

会場の様子
会場の様子

 

グループ討議の様子
グループ討議の様子