国立大学協会

トップ >新着情報 >お知らせ >「国立大学法人トップセミナー」を開催(8/23,24)

「国立大学法人トップセミナー」を開催(8/23,24)

 

 国立大学協会は、8月23日(木)、24日(金)の2日間にわたり、横浜市のホテルモントレ横浜において、「国立大学法人トップセミナー」を開催しました。

 トップセミナーは、国立大学の機能を強化するため、それぞれの大学のあり方・役割について議論する機会とすることを目的として毎年開催されており、今年度は64名の学長が参加しました。

 今年度は、以下のプログラムで開催され、国立大学改革の必要性が声高に論じられる中で、国立大学を取り巻く状況がますます厳しくなってきている昨今、改善努力を続ける各学長の事例発表等、最後まで活発な意見交換が行われ、大変有意義なセミナーとなりました。

 

【8月23日(木)】

「真の教育とは何か」(講師:讀賣新聞東京本社・特別編集委員 橋本五郎氏)

「大学改革への期待」(講師:日立製作所取締役会長 川村隆氏)

【8月24日(金)】

「各大学の事例発表」

①佐賀大学におけるIRの取組みについて(発表者:佛淵佐賀大学長)

②大学間連携による高等教育業務継続計画の概要(発表者:脇口高知大学長)

③中部先端医療開発円環コンソーシアムについて(発表者:濵口名古屋大学長)

  事例発表終了後、総括討論として発表者3名と参加者との間で意見交換が行われた。

 

20120823-24-new-topseminar1.JPG

橋本五郎讀賣新聞東京本社・特別編集員による講演

 

20120823-24-new-topseminar2.JPG

川村隆日立製作所取締役会長による講演

 

20120823-24-wnew-topseminar3.JPG

総括討論の様子