国立大学協会

トップ >新着情報 >お知らせ >意見書「国立大学の入学者選抜制度改革に関する検討について」を提出(5/16)

意見書「国立大学の入学者選抜制度改革に関する検討について」を提出(5/16)

 国大協入試委員会では、5月16日(水)教育再生会議 片山参事官を訪ね、教育再生会議座長あてに「国立大学の入学者選抜制度改革に関する意見書」を手渡した。
 席上、野上入試委員長(神戸大学長)は、最近の政府内の諸会議における入試改革の議論に関して、その進め方や方向性について、国大協入試委員会としての見解を説明した。
 そのうえで、政府部内における入試改革に伴う今後の検討においては、国大協がこれまで取り組んできた改革の経緯と、現在国大協が検討している改革の方向性を尊重いただくよう申し入れた。
 また、同日には、文部科学省を訪ね、「大学入学者選抜方法の改善に関する協議」座長あてに同じく意見書を提出した。

写真:(左)片山参事官、(右中央)野上入試委員長