国立大学協会

トップ >新着情報 >お知らせ >中教審・教育課程部会において学習指導要領の改訂について意見発表(11/27)

中教審・教育課程部会において学習指導要領の改訂について意見発表(11/27)

 国大協では、11月27日(火)に開催された中央教育審議会 初等中等教育分科会 教育課程部会において、学習指導要領の改訂に関して部会がとりまとめた「審議のまとめ」に対する意見発表を行いました。
 国大協からは、野上理事・入試委員長(神戸大学長)が意見書を提出するとともに、特に高校について、生徒が意欲を持って学ぶためにも、学習指導要領の内容だけでなく、大学との接続を含めた高校教育のあり方についての見直しが必要であるとの見解を示しました。
 これについては、大学入試の実施方法を変えるだけで解決するものではなく、大学教育との接続も視野に入れた高校教育を実現するために、高校と大学の関係者がこうした協議をできる場を設けてもらいたいとの意見を表明しました。



・『中央教育審議会初等中等教育分科会教育課程部会「教育課程部会におけるこれまでの審議のまとめ」に対する意見書』
→下記『参考URL』からリンク