国立大学協会

トップ >新着情報 >お知らせ >平成20年度 国立大学法人等部課長級研修を開催(7/29-30)

平成20年度 国立大学法人等部課長級研修を開催(7/29-30)

 国立大学協会は、7月29日(火)・30日(水)の両日、学術総合センター一橋記念講堂において、平成20年度 国立大学法人等部課長級研修を開催しました。約240名の参加者が受講し、以下の6つのテーマによる講演とグループ別討議が行われました。
 また、1日目の日程終了後には文部科学省から銭谷事務次官等の参加を得て、情報交換会が行われました。

【国立大学法人をめぐる諸情勢について】    
 文部科学省大臣官房審議官(高等教育局担当)  
  久保 公人 氏                  
                        
【大学職員のSDと教職協働を考える】-私のしごと体験をふまえて-       
 中央大学総合企画本部担当部長       
 大学行政管理学会会長             
  横田 利久 氏                
                        
【事例研究】-教職協働について-
 山形大学研究プロジェクト戦略室・教授    
  山崎 淳一郎 氏               
 愛媛大学経営情報分析室・准教授       
  秦 敬治 氏                  

【学長が部課長に望むこと】
 東京学芸大学長
  鷲山 恭彦 氏
 岡山大学長
  千葉 喬三 氏

【国立大学の目指すべき方向】-自主行動の指針-
 広島大学名誉教授/大学基準協会特任研究員
(国立大学協会調査研究部 前プロジェクトリーダー)
  生和 秀敏 氏

【国立大学に期待すること】
 ジェムコ日本経営 特別顧問
(㈱NTTドコモ初代社長・会長)
  大星 公二 氏


(写真中央:講演の様子)
(写真左上:グループ別討議の様子)