国立大学協会

トップ >新着情報 >お知らせ >大学改革シンポジウムを開催(10/29)

大学改革シンポジウムを開催(10/29)

 国立大学協会は10月29日(木)、学術総合センター一橋記念講堂において、大学改革シンポジウム「―教育費負担の在り方と国立大学の授業料―」を開催しました。高等教育機関の関係者など182名が参加し、教育費の問題に詳しい小林雅之氏(東京大学大学総合教育研究センター教授)による基調講演、およびパネルディスカッションが行われました。
 
【パネルディスカッション】
○コーディネーター 
国立大学協会・専務理事 野上 智行 氏

○パネラー
一橋大学経済研究所教授 小塩 隆士 氏
東京大学大学総合教育研究センター教授 小林 雅之 氏
文部科学省大臣官房審議官(高等教育局担当) 小松 親次郎 氏
高知大学 学長 相良 祐輔 氏
北海道教育大学 学長 本間 謙二 氏
内閣府「ゼロから考える少子化対策PT」委員 宮島 香澄 氏
                                   (五十音順)

(写真中央:パネルディスカッションの様子)
(写真左上:小林雅之氏による講演の様子)